フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« グレート・マイ・マザー!!! | トップページ | リンダ リンダ リンダ »

2006年10月13日 (金)

涙そうそう

昨日、母とカラオケに行きました。

私は、カラオケが好きです。

でも、半年近くもいけずにいたので、ことあるごとに行きたいとつぶやいていました。

私が東京から帰ってきて、高速バスの停留場に迎えに来てもらった車中の中、何気なく誘ってみたらなんとOKだったので、そのまま直行になりました。

いろいろ歌っていたのですが、中盤に「涙そうそう」を私が入れました。

今年の夏に母と二人で行った森山良子さんの河口湖のコンサート「韓流ナイト」でも森山さんが歌っていたし、ギターのサークルで練習した曲でもあるし、好きな曲で母とも歌えると思って入れたのですが…

涙そうそうの前奏のところで ふいに私は、

「そういえば お母さんにも 若い時に亡くしたお兄さんがいたんだよね。」

と言ってしまいました。

思ったことをすぐ言ってしまう、私の悪いところです。

「そんなこと言うと、泣けちゃうじゃない。」

いつも元気な母の寂しそうな一言に、私は内心「しまった。」と想い、何も言えませんでした。

そんなやりとりがあって、すぐ曲がはじまり、二人で熱唱しました。

♪いつか会えると信じ生きていく 

というところが切なかった。

そのお兄さんのことは、以前話を聞いたことがありました。

母は、7人兄弟の末っ子です。

すぐ上のお兄さんは、

「兄弟がこれだけいるのに一人も高校を出ていないのはおかしい。俺が稼いで行かせてやる。」と言ってくれたそうです。

中学生の母は、それまで中学を卒業したら働くつもりでいたそうなので、入試直前に受験を決めたと話してくれました。

おかげで母は、高校に行くことができ、看護婦のしごとに就くことができました。

母が看護婦の仕事をしてくれたおかげで、私は大学にも行けました。

だから私がこうやって絵を描けるのは、そのお兄さんのおかげです。

お兄さんは、その当時では珍しく金髪にしたりバイクに乗ったりして、ハイカラな人だったらしいです。

母が兄を身ごもっていた29年前、不慮の事故で若くして亡くなってしまったそうです。

きっと今の私より若かったはず……。

“涙そうそう”です。

この間、本屋さんで一般の人のエピソードを集めた「涙そうそう」の本がありましたが、誰にでも、生きていれば“涙そうそう”なできごとがおこるのだなぁと思いました。

だから、この歌は、世代を超えて人に愛される歌なのだと思いました。

映画も観にいきたいなぁと思いました。

« グレート・マイ・マザー!!! | トップページ | リンダ リンダ リンダ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙そうそう:

« グレート・マイ・マザー!!! | トップページ | リンダ リンダ リンダ »