フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« お母さんになる友だち | トップページ | 兄 »

2007年1月18日 (木)

川上弘美さんの本

パレットクラブで、雑誌「クーネル」のADをしていらっしゃる有山達也さんの授業を受けてから、私は川上弘美さんのファンになりました。

その授業では、川上弘美さんの短編にイラストレーションを描くという課題でした。

現在、その短編の載っている本が、マガジンハウスから発売されています。

「ざらざら」 川上弘美 1575円 表紙の絵は、有山さんが描かれています。

課題の作品は「ときどき、きらいで」でした。

その課題の絵を描いている間は大変だったんですが、とても楽しかったです。

授業を受けてからの3ヶ月の間に、川上弘美さんの本をだいたい7~8冊ぐらいは読んだと思います。

「せんせいの鞄」、「パレード」、「蛇を踏む」、「溺レる」、「神様」、

「椰子・椰子」と、空で言える本の題名です。

大事に丁寧に読みたいのに、面白くて不思議な魅力があって、どんどん読んでしまいます。

読んだことのない方は、ぜひ読んでみてください。

いつか私の絵を、川上弘美さんの本の装丁やイラストレーションに使ってもらいたいと思っています。

そのために、いい絵が一枚でも多く描けるように、これからも描き続けたいと思います。

« お母さんになる友だち | トップページ | 兄 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながらあけましておめでとうございます!
今年もたくさん生みましょう。
川上弘美さんわたしも好きですー^^
アナンさんほど読んでないけれど。
一番最近読んだのは「ニシノユキヒコの恋と冒険」です。イラストはないけれど表紙に惹かれました。

あけましておめでとうございます!
そうだ、ニシノさんも読みました~!
面白かったですね。
ニシノさんみたいな人、好きになったらどうしましょ、と思いながら読んでました。

あと、
あばらやさん、完売おめでとうございます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川上弘美さんの本:

« お母さんになる友だち | トップページ | 兄 »