« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

ジブリの絵職人男鹿和雄展

ジブリの絵職人男鹿和雄展
最終日直前の日曜日!とは言え、開館直後に入場待ち140分!!
前の日にホームページを見てチェックしてたので、早めに出てきたんですが、ジブリファンが多いことを実感しました。

待ちに待って入った展示会場には、描き込まれた作品群!!
絵はもう、うなるようなうまさで、あちらこちらで
「すげぇ!」
「スゴイ!」
と感嘆と共に思わず出た一言が聞こえてきました。
一緒に見に行った兄は、こんなにうまい人と一緒に仕事が出来たら、落ち込むだろうけど、勉強になるだろうなぁと言っていました。
土曜日に始まる展示準備で一睡もしていない兄は、朝早く出かけたので、最初、とっても面倒くさそうだったけれど、鑑賞しながら「俺の描き込みはまだまだだ!」とまたやる気倍増!!
少々無理に連れ出したので、喜んで貰えてよかったです。

| | コメント (0)
|

行動指針!!!

兄が、「社長が考えた行動指針がいいよ。」と、見せてくれました。

見せて貰ったら、行動指針が良かったので、書き出したいと思います。

会社としてではなく、一個人としての行動指針みたいです。

行動指針

1 仕事とは、他人から与えられるものではなく、自ら創り出すものである。

2 自分の評価は、他人ではなく自分自らが作っていることを忘れるべからず。

3 問題点の指摘は不要。問題解決法を提案せよ。

4 曖昧な望みは実現しない。明確な目標を設定せよ。

5 毎日書を読み、学習し、研究せよ。向上心が湧き出るまで。

6 全ては礼に始まり礼に終わる。挨拶抜きで仕事は始まらない。

7 マナーと服装は人格の一部なり。品性に磨きをかけるべし。

8 時間厳守から信用が生まれる。5分前時間を習慣とすべし。

9 汚い場所からきれいなものは生まれない。常に整理・整頓を保つべし。

10 段取りを考えずに仕事に取り掛かるな。優先順位の決定が全てを決める。

11 巧遅を求めるな。拙速を求めよ。

12 全てのトラブルはコミュニケーション不足から。常に相手の理解度を確認せよ。

| | コメント (0)
|

2007年9月28日 (金)

ともだちの結婚。

仲の良い友達が今度結婚します。

結婚…!!!

自分の親やまわりをみると結婚生活が大変な人が多くて、結婚というものに疑問を持っていました…でも最近は…。

いろいろあっても、しあわせで、結婚生活をエンジョイして頑張っている友人達がいて、結婚も悪くないんだな〜と思うようになってきました。

今度結婚する友達も一緒に人生を歩める相手と結婚できると思うので、心から祝福できるので嬉しく思います。

| | コメント (2)
|

2007年9月26日 (水)

仲秋の名月

仲秋の名月
昨日は帰り道、月がキレイだなぁと思いながら帰って来ました。
遅く帰ってきた兄が、今日は仲秋の名月らしいぞ!と言っていたので、なるほどキレイだったもんなぁ、と思いました。
お月見の団子も食べたいなぁ、と思いました。

| | コメント (0)
|

2007年9月24日 (月)

好きなことを仕事に!

夢を持ち、好きなことを仕事にしたいと思うと、行動あるのみなんだけれど…悩むことだってある!
去年、雑誌を見てメモを取ったものから!

夢をカタチにする3つの秘訣/葉石かおりさん

①自分の思いを口にする。公言する!

②人に誇れる何かを持つ。私にはこれができますという何か。

③強い決意を持つこと。夢を夢のままで終わらせるか、実現させるかは自分次第。

葉石かおりさんは、夢ノートに毎日自分の夢を書きながら自分に鞭をふるい、夢をカタチにしていったそう。

最近、日々の忙しさにかまけて絵を描かないでいた自分に、喝!
初心のさらに初心に戻って、再スタートしたいと思います!

| | コメント (1)
|

2007年9月13日 (木)

映画「夕凪の街 桜の国」

なかなかblogを更新できなくて、すみません!
早起きして、土曜日に搬入予定の作品の準備をしています。
既存の作品に、加筆・修正+アルファで準備中です。

最近、映画「夕凪の街  桜の国」を観ました。
今年の夏は、仕事も忙しく、テレビもない生活だったので、終戦記念日に戦争について考える余裕がなかった自分に気付いて、観てみたいと思いました。
被爆した女性(麻生さん)とその姪にあたる女性(田中麗奈さん)との二つのストーリーが交錯する物語です。
漫画が原作で、映画を観た後に漫画を買って読みましたが、漫画に忠実に丁寧に創られた映画だと思いました。
涙しました。
いい映画だと思いました。

(郵便局で配布されているフリーペーパー・Maccoより、田中麗奈さんの映画に対してのインタビューコメントより
)
「当日の爪痕や資料を見るうちに、原爆という大きな歴史の影の中で、ひとりひとりの人生や楽しみ、夢や幸せが奪われていったことに気付かされました」
「大切なのは、今、そしてこれからの自分をどう捉らえていくかだと感じました。私が演じる七波も、自分がいわゆる被爆者三世という現実を受け止めつつも、それでも今をちゃんと生きていかないと、という思いを持っています」

やはり同じテーマで描かれた「父と暮らせば」(宮沢りえさん主演)もよかったので、興味があるかたは、合わせてご覧下さい。

| | コメント (0)
|

2007年9月 3日 (月)

浴衣のデザインでタンブラー!!!

雑貨販売のHPのサイトを運営されている方に誘っていただいて、
浴衣のデザインでタンブラー!!!を作って今日から販売しています。
もし良かったら、HPをチェックしてみて下さいね!!!

canow

雑貨・絵本・音楽・ご飯・お菓子…「表現したい」気持ちを大切にしているひとをサポート。手づくりの暖かさをお届けできる空間を作ります。

http://canow-shop.com/

私の商品ページ

http://canow-shop.com/?pid=4949581

☆後日談☆

自分の商品なんですが、ちょっと自分で買ってみました。

ちょうど、好きなチェコの絵本作家のポストカードも買いたかったので。

canowの購入システムは、登録しやすく分かりやすかったです。

配達方法がタンブラーに関しては、郵送を選ぶことができました。

| | コメント (0)
|

2007年9月 1日 (土)

美輪明宏さんの講演と友人。

美輪さんの講演を聞いてから随分経ってしまったけれど、ブログに書き込む余裕が出来たので、書いてみたいと思います。

この世は、魂の「修行の場」だそうです。

この世での苦しみは、「魂の試験」。

学校の学年が上がるように、魂が上級になればなるほど、身に降りかかる試練は、多くなり大変になるそうです。

でも、そうやって辛いことを経験することで、他人の痛みが判り、思いやりのある人になることができる。

私の友人にも、いい人なのに、すごく苦労している人がいます。

苦労していない人はいないのかもしれませんが、それでも、その友人の話を聞くと、どうしてこんなにいろんなことが、この人に降りかかるのだろうかと、思うのです。

だから、美輪さんの話を聞いて、納得してしまった気がします。

友人は、魂が上級だからこそ、難しい試験を受けているのだろうと。

試験は、その人だからこそ乗り切れるものだとも美輪さんは仰っていました。

私も、友人が乗り切れると信じています。

| | コメント (2)
|

肩こり。

現在、就いている仕事はパソコンを使う仕事で、デスクワークです。

残業も多い仕事なので、半日パソコンの前に座っていることも多いです。

最近、前にも増して、肩こりがひどくなった気がします。

ずっと、マッサージを受けたいと思っていたのですが、

一人だと勇気がなくて入ったことがありませんでした。

でも、昨日は、大胸筋の辺りから肩が痛く感じたので、

マッサージを受けたいと言っていた同僚と、

仕事場の近くにあるマッサージやさんに行ってきました。

肩もみをして貰うと、少し楽でした。

やっぱり、マッサージやさんのお兄さんが言うには、

パソコンの仕事をしている人特有のコリ方だそうです。

また行こうかなと思っていたら、

そのお店は、今日がリニューアルのための最終日で、

リニューアル後は、ギャルのためのマッサージやさんになるとのこと。

でも仕事場から近いし…私でもギャルに混じって、マッサージを受けられるか

な?

【お知らせ】

はるだんじの展示が、9/15の夜からの変更となりました。

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »