フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« サクサクで!富士宮のうた♪ | トップページ | クレマチスの丘 »

2008年5月 2日 (金)

教え子を思う…

電車の中で小学生の遠足の集団と乗り合わせた。学生を見るといつも教え子のことを思う。
私は大学生の頃から、小・中学生の塾の講師をしていたので、小学校の教師をしていた時期を含めると、教え子は年齢に幅があって、小学生から成人になっている教え子もいる。
ふと瞬間に、教え子のことを思う。元気でいるかな、どうしているかな…と。
教えた時は(当たり前なのだが)今より若く、一生懸命やっていたつもりでも、もっとできたことがあっただろうな…と後悔することがある。
教え子が、元気で過ごしていてくれればと思う。私は教えていたけれど、教え子に教わったことや、貰ったことが多かった。そのことを忘れずにいて、これからもずっと、いつでも教え子に胸を張って会えるような人間でいたいなと思う。だから、もっとがんばらないといけないな、と思う。

« サクサクで!富士宮のうた♪ | トップページ | クレマチスの丘 »

コメント

ご無沙汰しておりますー!
「教え子」ってなんか特別だよね。
私も今年から講師なので、
生徒さんが誇ってくれるような
作家になりたいなあ…と最近はしみじみ思おうのよー!

★お久しぶりです。
コメントありがとうございました。
講師!!!すごいですね!
てれささんなら、良い先生になれますよ!

アナン

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サクサクで!富士宮のうた♪ | トップページ | クレマチスの丘 »