フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の8件の記事

2008年9月18日 (木)

みすずさん的なつぶやきⅡ

貰った本の最初の詩に…

こだまでしょうか

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「馬鹿」っていうと
「馬鹿」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「もう遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。


という詩が載っていました。
前の日に、調度彼とこんなやり取りをしたので、読んだ瞬間ドキッとしました。

私は前の晩、彼と電話をしていて、少しの間電波が悪くなり、私はそのことにイライラしてしまったのです。
(そんな些細なことに、イライラしてしまう自分が情けない…)
イライラした気持ちが、声に出てしまったので、相手が、一歩引いた声の調子になりました。
電波が良くなって私達は、すぐまた普通に話しはじめました。
私は、電話を切る間際、イライラしてしまったことに対して、悪かったなぁと思い、本当に詩のように「ごめんね」と言いました。
そうすると悪くないのに相手も、「ごめんね」って返してくれました。

ただ、こだまのように返ってくる言葉だけれど、相手が自分を許して受け入れていることがわかりました。
申し訳なくて悲しい気持ちのときでしたから、救われた気持ちになりました。
もっと素直になることができます。
詩を読んで、何気なく過ぎた出来事の有り難さを感じました。

みすずさんは、最後に

こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。

と書いています。
誰でも、誰かを許し受け入れる存在になれるんだと言ってくれた気がしました。
私も彼や誰かのこだまになれるように、毎日を過ごしたいと思います。

Ⅰでアップした絵は、一心同体のカップルです。
遠く離れているから反響するこだまですが、でも本当はいい言葉も悪い言葉も、絵の二人のように、間近で言われているように感じるものかもしれないなぁと思います。

みすずさん的なつぶやきⅠ

みすずさん的なつぶやきⅠ
火曜日、ある人に 詩人 金子みすずさんの本を戴いた。
あなたの将来に「役立て」てください、と貴重な本をくれたのです。
(ここで言う「役立て」るとは、私と私が出会う他者に対してだろうなと感じました。)
私が貰って役立てることが出来るだろうか、と躊躇しました。
前のように教壇に立ち、子ども達に話す機会のようなものはないし…、でもそういって下さるお気持ちに対して、なんらかのかたちで「役立て」ていこう!と思い、本を戴くことにしました。

何年か前に松たか子さん主演でTBSでドラマ化されて、私は金子みすずさんを知りました。

小学校の教員の時、教科書に掲載されていて、教えたことがあります。
「みんなちがってみんないい」でした。
子ども達には「みんなちがってみんないい」と教えたけれど、実は私自身大人になっても、今もみんなちがってみんないいとなかなか思えないのです。
ほかの人と比較して落ち込んだり、反対に優越感を感じて自分が楽になったりしてしまう。
弱い心と戦って反省したり、しなかったりする、そんな毎日です。

2008年9月16日 (火)

月曜日の連休の成果的なつぶやき

月曜日の連休の成果的なつぶやき
連休を使ってフラの練習用のスカート、「パウスカート」を縫いました。
私が作ったのはゴムが3本入る(3本〜5本)シングルタイプ(その他布が2枚重なるダブルがある)のスカートです。
縫うまでの準備とゴム通しが面倒でしたが、直線縫いなので私でもできました。
一度作り方がわかったので、また作りたいと思います。
今度は、もうひとてまかかりそうな?ダブルに挑戦してみようかなと思います。
その他に同じ布で、パウスカート入れ(長細い巾着袋みたいなもの)やシュシュを縫いました。
やり始めると止まらない性格は、母譲りかもしれません。(笑)
でも母の方がもっと凝り性で、ある冬母は、セーターを4着編んでましたから。(笑)

パウスカートを縫いながら、映画「フラ・ガール」を見ました。
世の中の流れ的にとても遅いんで恥ずかしいんですが、すごく感動しました!
しずちゃんがいい演技していたし、蒼井優ちゃんのソロ演舞の時の一瞬の妖艶な表情が女優さんだなぁ!さすがだなぁ!と思い3度くらい見直してしまいました。
フラ以外の部分でも、当時の時代背景、炭坑の仕事や仕事に対する姿勢など、実話に基づく映画ならではの説得力でいろいろと考えさせられました。
とてもいい映画でした。

2008年9月12日 (金)

金曜日のギャラリーなつぶやき

今日は仕事の帰りに表参道のOPAギャラリーに行ってきました。
OPAギャラリーでは、食をテーマにしたグループ展(「食のある生活展」)に知り合いのイラストレーターの竹松勇二さんとTAIZOさんが出品しています。

オープニングなので、ちょこっとだけでしたが、お二人とお話できてよかった。
久しぶりにお二人と話しをして、イラストレーターさんのパワーを頂きました。
パッションイラストレーターのTAIZOさん(バートックギャラリーで初めてお会いした時、同じ誕生日だったのが話すきっかけでした。)の呼びかけで、たくさんの人が集まり会場は活気がありました。
なんだかいいなぁと思いました。
私は11月にバートックギャラリーでグループ展に参加する予定です。
私もいい絵を描きたいなと思いました。

2008年9月10日 (水)

木曜日のアロハはなしのつぶやき

今日も陽射しが強い気がしましたが、外に出てみると風がひんやりしていて、秋の気配を感じました。

私は、昨日フラの講座を受けてきました。
ついていくので精一杯でしたが、それでも踊るのが楽しくて、あっという間の1時間でした。
踊っているとハワイの砂浜で踊っているような気分になります。
ハワイには行ったことないんですけど、脳内旅行で、なんだか踊った後とてもすっきりした気分になります。
次の練習が楽しみです。
私は、フラの練習用のスカート「パウスカート(3〜6本ウエストにゴムが入るスカート)」を手づくり中です。
簡単と本やサイトに書かれているんですが、横はばが360㎝あるから、作業ひとつ一つがけっこう大変です。
でもせっかくなので丁寧に作ろうと思います。
こちらも楽しみです。

アロハな話ではないんですが、兄は仕事でいつも午前様(しかもサービス残業で!)。
いつも帰りがけに電話して、必要のあるものがないか聞いてくれます。
なので、それから簡単な夜食(そうめんを茹でたりとかぐらいですが)の準備をできる時はします。
帰ってきた兄とちょっと話をしていると、それだけですぐ午前1時すぎになってしまいます。
屈強な兄ですが、毎日遅いのでいつか体を壊さないかと心配です。

2008年9月 8日 (月)

にわかハワイアンのつぶやき

にわかハワイアンのつぶやき
初めてのフラの講座が明日に迫って、私は今ハワイブームです。(かなり遅め!?)
写真の本は、「フラダンスのはじめ」(伊藤彩子著・WAVE出版)という本です。
フラ初心者の私にはピッタリで、買って勉強しています。
奥深いフラの歴史。
これからちょっとずつ学びたいと思っています。
青いシュシュは、手づくりしてみました。
これはモルツのおまけで、アロハのヴィンテージプリントを再現したハンカチ(フラダンスをやり始めた私を見て、彼がくれたもの)で作ったもの。
練習でつけたいと思います。
ハワイにかぶれてきました。(笑)

2008年9月 7日 (日)

ジョン・エバレット・ミレイ展

昨日、渋谷Bunkamuraミュージアムのミレイ展に行って来ました。
先週から始まったばかりで、金曜日・土曜日は夜9時まで開館しているため(9時まで開館しているととても便利ですね。平日も夜7時まで開館しています。)、観覧者数がそんなに多くなく見やすかったです。
作品数(80点・見応えある大作ばかり)が多く、観るのに2時間〜半ぐらいかかるので、女性の方は特に足が痛くならないような靴で行った方がいいだろうと思いました。

ミレイの作品は、絵の中で、人が人として生きているように見える表現が素晴らしいと感じました。
デッサン力が素晴らしい。
またミレイは、腕一本で家族八人を何不自由なく養ったそうだから、変な感心の仕方かもしれませんが、それ程の画力を持っているということで、作品は本当に素晴らしいものばかりでした!
テート・ギャラリーは、大きいしいい作品も多いので、「オフィーリア」も何気なくそっとかかっていた気がします。
久しぶりに観た「オフィーリア」は、八年前と変わらないけれど、他のミレイの作品と一緒にいると、とても説得を増し、作家ミレイ自身が見えてくるようでした。

2008年9月 4日 (木)

木曜日のアートなつぶやき

木曜日のアートなつぶやき
昨日は、バートックギャラリー(銀座)の「美人展」のオープニングに行ってきました。
知り合いが4人も出ていました!
みんな美人さんです。
その中で、同じパレットクラブ10期で、イラストレーターとして活躍しているアベチカコさんが出ています。
久しぶりに会って、最近している仕事の話などを聞かせて貰いました。
仕事に対する姿勢がやっぱりすごい!
がんばっている友達を目標にもっとがんばりたいと思いました。
チカコさんは、ラーメンズ(爆笑オンエア・バトルからのファンです!)の小林さんと展示(グループ展)をしたことがあって、打ち上げで小林さんと話したことを聞いてしまいました!(ミーハー!)長身でいい人だったそう!ほほう!(最近の兄の口ぐせで、感心した時に出てくる)いいな!
いつか小林さんの前で「新橋!」(ラーメンズのネタ)と言ってみたい。(私の野望・笑)


先週、先々週の土日と雨が降っていたので、実はどこにも出掛けずゴロゴロと過ごしていました。
だから今週末は、渋谷Bunkamuraミュージアムにミレイ展を観に行こうと考えています。
ミレイの「オフィーリア」は、昔海外旅行(あれ依頼一度も行けていない!もっと行けるように、10年パスポートにしたのになぁ!せめてあと一度ぐらい期限内に行きたいな!)の時に観た依頼で約8年ぶりです。
油絵で水の表現がとてもみずみずしいしく?描かれています。
学生の頃、油絵を描いていた時偶然にも同じようにみずみずしく描けた時があって、その時はテレピン油で薄く塗り重ねて、さらにその油が乾かないうちに描いていった、記憶があります。
そして昔読んだオフィーリアの解説にも、油が乾かないうちに描いたとあったと記憶があります。
当時絵を観た時は、技法に注目して観ていたんですが、今回はミレイの作品を通して、ミレイの人間性を感じられたらいいなぁ、と思います。
楽しみです。

●写真は墨で描いた絵を携帯で撮って、携帯の機能でセピアにしています。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »