« 表参道MJ生のオープニングパーティーのはしご! | トップページ | My Book, My Design 茶ノ間×フリュウ合同企画展について »

2010年4月12日 (月)

日曜日に小野竹喬展に行きました。

東京国立近代美術館(竹橋)の「小野竹喬展」に行きました。

以前、群馬県立館林美術館で作品を見て以来(その時見たのが、奥の細道句さ絵「田一枚植えて立ち去る柳かな」で、今回ポスターやチケットで使われた絵でした。)この人は覚えておこうと感じた作家さんです。
そしてこの間のオーパのオープニングパーティーで、偶然オーナーが、ほかの方にこの展示を薦めていらっしゃったので、やはりいい絵なんだなぁと、ほかの作品も見たいと思い行ってきました。

最終日でしたが、思ったより混んでおらず、じっくり見ることが出来ました。

「池」という作品の解説に、「表現は簡素ながら水面を渡る風を、その匂いを、見るものに感じさせるような豊かさがそなわっている」と書かれていましたが、初めて小野竹喬さんの作品を見た時に感じたことが、代弁されているなと思い書き留めてきました。

久しぶりに見ると、思い出よりも小さかったのですが、作品が広がっていくような大きさを持っているからだと改めて感じました。

|
|

« 表参道MJ生のオープニングパーティーのはしご! | トップページ | My Book, My Design 茶ノ間×フリュウ合同企画展について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 表参道MJ生のオープニングパーティーのはしご! | トップページ | My Book, My Design 茶ノ間×フリュウ合同企画展について »