フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の5件の記事

2010年6月30日 (水)

女性のライフスタイルを描きたい(2)

Mother

2010年6月27日 (日)

女性のライフスタイルを描きたい(1)

自分も興味・関心があるので、やはり女性のライフスタイルを描ける仕事ができたら…と思います。この絵は、出産の様子と赤ちゃんができたことでおにいちゃんになって、嬉しい気持ちと親を取られた気分になって複雑な男の子を描いています。(私の兄がそう思ったと大人になってから聞かされました。確かに、かわいそうですね。でも、一番最初に産まれた子の方が写真が多くて羨ましかったので、許して欲しいと思います。)

Tanjyou

ペーターズギャラリーでは、2008年から、幻冬舎デザイン室・室長の平川彰さんを講師に、冬と夏に4回ずつ、イラストレーションの短期講座を開催しています。私は、7月からはじまる5期に参加できることになりました。選んでいただいただけでも、絵を描く勇気が湧きました。機会をいただきありがとうございます。授業に向けて、今できることを頑張ります。

ペーターズギャラリー  http://www.paters.co.jp/

幻冬舎 http://www.gentosha.co.jp/ 

2010年6月26日 (土)

描いて自分で気付く

峰岸徹先生の塾のMJイラストレーションズに半年通わせて頂きました。

(現在は、休学させていただいております。)

先生のご好意で、現在もMJイラストレーションズのブログに私のブログもリンクしていただいております。

半年通った間、時々授業で先生が「描いて、自分で気づかないと駄目だ。」という言葉が響きました。

それは、自分に足りない部分だったからだと思います。

とことん描くということが、足りない。

一からやり直しと思って、心新たに頑張りたいと思っています。

Ao

Onep

2010年6月 9日 (水)

週末は普段話の聴けない人の話を聴きに出かけました〈2〉

Otona

日曜日、SOYJOY オトナの女子力レッスン http://www.otona-joshi.jp/の課外講座 FRaU 「知力」コースが当たり、精神科医 名越康文さんとミスユニバースの宮坂絵美里さんの対談を聞いてきました。

精神科医 名越康文 http://www11.big.or.jp/~dialogue/profile.html

ミスユニバース 宮坂絵美里http://miyasakaemiri.com/

いろいろ興味深い話があったのですが、この講座の本題「女性に求められる大人の知性」という問いに、名越先生は、「ソフトインテリジェンス(聴く能力)」ではないでしょうか、と話されていたことが印象的でした。

「ハードインテリジェンス」は、知識や仕事上の能力。

「ソフトインテリジェンス」は、相手からやる気を引き出しながら聴きだすということ。聴くという行為は、受動的に思えるけれど、相手の話から自分が変わることを怖れない勇気ある行動だそうです。私の場合、ハードとソフトインテリジェンス両方を身につけなくては!世界中の女性が、相手のやる気を引き出す能力をみんなが身につけたら、すごいことが起こりそうです。

2010年6月 7日 (月)

週末は普段話の聴けない人の話を聴きに出かけました〈1〉

土曜日、派遣先のカルチャーセンターに、イラストレーターの平澤まりこさんの講座を受けに行ってきました。

講座は、「旅で出会った日々の愉しみ」というテーマで、平澤さんが撮られた旅の写真と共に旅の愉しみ方、それを生かす日本での日常についてのお話などをたっぷり聴くことができました。

平澤さんは、まるでテレビ番組の「世界ウルルン滞在記」のように、日本人のいない地域を選んで、1週間ほどホームステイをされるという、ものすごくアクティブで行動力のある旅をされていました。

なるほど自分で、そういう旅の仕方をプロデュースすればいいんだなぁと思いました。

結婚してなかなかできないと思うのですが、いつか私もそういう旅ができたらいいなと思います。

また会場には、絵、旅ノートなど旅にいつも持っていくものが展示されており、どれも勉強になりました。

■平澤まりこさん プロフィール  http://www.hirasawamariko.com/

イラストレーター。広告、装画のほか、気になる人、気になる街を訪ねては絵と文章、写真などを用いて雑誌や著書にまとめている。著書に『京都ご案内手帖』(ソニーマガジンズ)、『1カ月のパリジェンヌ』(主婦と生活社)、『ずっとこんなのほしかった。』(集英社)など

Marikosan1

Marikosan2

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »