フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 角野栄子さんの講演「とぶ!跳ぶ!飛ぶ!」(1) | トップページ | この夏の収穫 »

2010年8月13日 (金)

角野栄子さんの講演「とぶ!跳ぶ!飛ぶ!」(2)

Kadonosan1_3

銀色の髪と赤いオシャレなフレームのメガネの角野さん。背筋もピンとして、白いズボンと赤いカットソーがとてもステキでした。

先生が書かれた本の中から飛び出してきた、現代のオシャレな魔女のようで本当にステキでした。

お話は、「とぶ!跳ぶ!飛ぶ!」ですから、いろいろな「とぶ」話を聞くことができました。

ボイジャーという無給油で世界一周をした飛行機のお話やアルソミトラという名の植物の種のお話、カメラマンの石川直樹さんの『最後の冒険家』の本と石川さんが以前先生のところにインタビューに来られた時のお話などなど。

特に、お話を書いている時につまったらどうしてそこからとび越すかなどは、自分に活かせるのでは!と真剣に聞いていました。先生は、煮詰まった時は、発想を抑えないようにどんどん横道にそれてみる、それは節操がないように感じるかもしれないけれど、ちょっととぶことで世界が広がっていくんだとおっしゃっていました。

なるほどなぁ、と思いました。描いているとき、この絵はこうでなければならないと決めて描いた絵は、窮屈でやっぱり人にも気に入ってもらえない。

自分が自由に楽しく描いた絵の方が、人にも楽しんでもらえる可能性がある。

約1時間半の講演は、まるで会場の聴講している全員で、先生の思考回路を一緒に飛んだような、飛び回った気持ちになりました。

« 角野栄子さんの講演「とぶ!跳ぶ!飛ぶ!」(1) | トップページ | この夏の収穫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 角野栄子さんの講演「とぶ!跳ぶ!飛ぶ!」(1) | トップページ | この夏の収穫 »